中目黒で専門店を堪能しよう。

体験したこと

桜の時期も過ぎて落ち着いた中目黒、目黒川沿いで新緑とゆっくりした時間を味わいたいと思い、ふらっと散歩をしに行きました。そこでコーヒー専門店「CAFE FACON」とチョコレート専門店「グリーン ビーン トゥ バー チョコレート」を訪れました。

中目黒にひっそりと佇む、優雅なカフェで上質なコーヒーを味わう

中目黒駅から歩いて徒歩2分、大通りを1本奥に入ったビルの3階に上質なコーヒーを味わえる珈琲専門店「CAFE FACON」はあります。

店内に入ると、大きな窓から日差しが入る、落ち着いた空間が広がっていました。
落ち着いた色調の店内には軽快なジャズが流れていて、居心地が良い空間です。
他のお客さんの視線が気にならないように、目線の高さに合わせて棚や壁を配置するなど、うまく座席が作られています。
お客さんは本を読んだり談笑をしたり思い思い、ゆっくり流れる時間を過ごしている様子でした。

「酸味」「コク」「フルーティー」など初心者でも選びやすいコーヒー豆の分類表

最高品質の生豆を仕入れ、丁寧に自家焙煎し、じっくりハンドドリップしています。
気に入ったコーヒーがあれば、コーヒー豆の購入もできるので、自宅でも上質なコーヒーが味わえます。

コーヒーに詳しくなくてもイラストの解説があるので、困ることもなさそうです。

コーヒーの温かさだけではなく、店員さんの温かさも感じるコーヒー専門店はほとんど行ったことがなく、コーヒー豆にも詳しくないのですが、メニューを見て迷っていた所に、店員さんがさりげなく話しかけてくれました。

酸味の強さやコクがある方がいいのか、フルーティーな方が好みかなどで、それにあったコーヒーをおすすめしてくれました。
また、端の座席が空くと「こちらに移りますか?」とさりげなく声をかけてくれるなど、とても暖かみのあるさりげない接客が素敵です。

「CAFE FACON」オリジナルのファソンブレンド。最初に豆の苦味を感じた後にフルーティーな味と香りが広がります。フレンチローストとシティローストで焙煎した4種の豆を配合したブレンドです。

美味しいコーヒーと温かみのある接客、落ち着いた雰囲気の中で、日頃の疲れをゆっくりと癒すことができました。

カカオ豆からチョコレート精製に徹底的にこだわったチョコレートを求めて

中目黒駅から池尻大橋駅に向かい、おしゃれなお店が並ぶ目黒川沿いをのんびり歩きながら次のお店に向かいました。

目指したのは、店内でカカオ豆からチョコレートを精製し、ケーキやお菓子を製造、販売している「グリーン ビーン トゥ バー チョコレート」。大きな窓ガラスの先にはチョコレートが見えます。

さっそく店内に入ると、さまざまな産地、カカオの比率が異なるタブレットやチョコレートスプレッドなどが並んでいます。どのフレーバーでも試食ができるので、プレゼントにぴったりです。
またスタッフの人たちは笑顔でとても親切、丁寧に接客してくれます。押し付けがましくなくそれでいてフレンドリーに対応してくれました。

スプレッドはパンやクッキーに塗って食べると最高だそうです。とくにフランスパンに合うのだとか。

ショーケースにはケーキやお菓子が、思わず見入ってしまうほど並んでいます。
お店の奥はイートインスペースになっているので、ケーキとドリンクを買ってゆっくりと堪能できます。
イートインスペースに行く途中にカカオ豆の貯蔵庫がありました。スタッフの方に話を聞いてみると、中にはカカオ豆が入った麻袋が積まれているとのことでした。
「グリーン ビーン トゥ バー チョコレート」の店内はオープンキッチンになっており、チョコレートやケーキ、お菓子の製造工程を見ることができます。

甘いチョコレートと苦味のあるアイスコーヒーを一緒に

頂いたのは、ロックチョコレートマフィン(プレーン)。
しっとりとしたマフィンにパリッとしたビターな板チョコがいいアクセントに。
板チョコはとても濃厚で少し苦味があり、甘いチョコが練り込まれたマフィンはしっとりとしていて、生地のバランスがよく、あっという間に食べてしまいました。
苦味のあるアイスコーヒーが甘みのあるチョコとよくあいます。

コーヒーとチョコレートの専門店を訪れて、ちょっと豆について勉強してみようかなと思いました。新緑の季節に緑をいっぱい浴びて、少し優雅な雰囲気の中で、心をリフレッシュしてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました